2019.08.05 スポーツ

サーフィン 五十嵐カノア

サーフィンの全米オープン4回戦で敗れ、大会3連覇を逃した五十嵐カノア=2019年8月2日、米カリフォルニア州ハンティントンビーチ【時事通信社】 来年の東京五輪で初めて実施されるサーフィンのプロ最高峰チャンピオンシップツアーの予選シリーズ(QS)、全米オープンは2日、米カリフォルニア州ハンティントンビーチで行われ、五十嵐カノア(木下グループ)は4回戦で敗れて3連覇を逃した。ハンティントンビーチ出身の五十嵐は昨年、QSで最もランクが高い全米オープンで2連覇を達成していた。 東京五輪男子代表候補の五十嵐は「地元のファンに(決勝まで)自分のサーフィンを見せたかった。100%の力を出せず悔しい。3連覇したかったけど、この結果は忘れて次の大会に向けて準備したい」と話した。

前の画像へ
1 / 20

サーフィン 五十嵐カノア