上海で行われた空母「福建」の進水式=中国国営中央テレビ(CCTV)の映像より【AFP時事】 中国の上海で17日、同国にとって3隻目の空母「福建」が進水した。国営中央テレビが進水式の様子を伝えた。国産空母としては2隻目で、就役は早ければ2024年ごろとの見方がある。軍事力の象徴と位置付けられる空母の整備を通じて、秋の共産党大会で3期目を目指す習近平総書記(国家主席)が大きな実績を誇示した形となった。(2022年06月17日)

前の画像へ
1 / 23