陸上自衛隊朝霞訓練場

陸上自衛隊朝霞訓練場

陸上自衛隊朝霞駐屯地に隣接。1964年東京五輪でも射撃の会場になり、現在も競技会、練習場として利用されている。駐屯地内には多くの五輪選手を輩出する自衛隊体育学校もある。

大会時収容人数
ライフル射撃3800人
クレー射撃3000人
開場・完成年
-
建設費
約57.8億円
設計者
-
所在地
東京都練馬区大泉学園町9の4

実施競技

オリンピック
パラリンピック

会場アクセス

アクセス(公共交通機関)
東武東上線・東京メトロ有楽町線・副都心線「和光市駅」徒歩30分 西武バス「長久保」徒歩5分