車いすバスケットボール

車いすバスケットボール

パラ車いすバスケットボール

 コートのサイズ、ゴールの高さ、ボール、出場人数など基本的なルールは五輪とほぼ同じ。選手は障害の重いほうから順に1.0点から4.5点まで0.5点刻みで8クラスに分けられ、コート上の5選手の合計点を14.0点以内にしなくてはならない。巧みな車いす操作や素早いパスワーク、激しいボールの奪い合いでパラリンピックの花形競技とされる。障害の重い選手が相手ディフェンスをブロックし、障害の軽い選手のシュートをアシストする「スクリーンプレー」など、多彩な戦術も見どころ。

競技解説動画

《 車いすバスケットボール 》

試合日程