競泳

競泳

パラ競泳

 ルールは五輪にほぼ準ずるが、障害に合わせて一部変更されている。視覚障害の選手の場合、ゴールタッチやターンの際に壁にぶつかってけがをしてしまう可能性があるため、コーチがタッピングバー(合図棒)を使って選手の体に触れて壁の接近を知らせることが認められている。下肢障害があり、飛び込みスタートが困難な選手は、水中からのスタートが認められている。選手は障害の種類や程度、運動機能によってクラス分けされ、クラスごとに競技を行う。

競技解説動画

《 競泳 》

競技日程

競技実施日
メダル確定日

試合日程