2021-03-31 18:22

「夢先生」の被災地訪問終了=東日本大震災の復興支援

オンラインで震災復興支援プロジェクトの活動終了報告をする川淵三郎氏=31日午後(プロジェクト運営本部提供)
オンラインで震災復興支援プロジェクトの活動終了報告をする川淵三郎氏=31日午後(プロジェクト運営本部提供)
 日本スポーツ協会や日本サッカー協会などが東日本大震災の復興支援として取り組んできた「スポーツこころのプロジェクト」が開始から10年の節目を迎え、活動を終了することになった。運営本部が31日に発表した。
 プロジェクトは子どもたちの「心の回復」を目的とし、スポーツ選手が「夢先生」となって被災した6県の小中学校を訪問。挫折をどう乗り越えたかなど、困難と向き合う経験談を伝えてきた。第1回の先生役はサッカー元日本代表のラモス瑠偉氏だった。10年間で4613回実施し、652校で11万9520人の生徒らが参加した。
 オンラインで会見した実行委員会副会長で、日本サッカー協会相談役の川淵三郎氏は「先生の話を聞いて、自殺を思いとどまったという話も聞いた。やって良かったと心から思った」と振り返った。