2021-03-26 21:30

原因はバルブねじ込み不足=火消えるトラブルで―聖火リレー

消えたトーチの聖火を再点火するため集まる係員=26日午前、福島県飯舘村(代表撮影)
消えたトーチの聖火を再点火するため集まる係員=26日午前、福島県飯舘村(代表撮影)
 東京五輪の聖火リレーでトーチの火が消える事象が続いている問題で、大会組織委員会は26日、トーチに内蔵するガスボンベのバルブのねじ込みが足りず、十分にガスが出ていないことが原因との見方を示した。組織委の高谷正哲スポークスパーソンは記者会見で「現場でねじ込みを徹底するよう指示している」と話した。
 組織委によると、聖火リレー2日目の26日には福島県飯舘村で、火がついていないことにランナーが走る途中で気付き、予備の火で点火した事例があった。25日にも聖火が消えたことが2度確認されており、組織委はいずれも原因はガスボンベのバルブのねじ込み不足との見解を示した。