2021-11-19 20:23

女子選手不明でIOCに疑問=中国批判せず、うのみ―人権団体

中国のプロテニス選手、彭帥さん=2008年8月、北京(AFP時事)
中国のプロテニス選手、彭帥さん=2008年8月、北京(AFP時事)
 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)は18日、中国のプロテニス選手、彭帥さん(35)が性暴力を告発後に行方不明になった問題で声明を出し、北京冬季五輪を控え、中国政府を批判しない国際オリンピック委員会(IOC)の対応を疑問視した。「重大な告発をする女子オリンピック選手を犠牲にし、IOCが政府の説明をうのみにするとは驚きだ」と強調した。
 彭さんは2日、張高麗・前筆頭副首相(75)から性的暴行を受けていたと中国版ツイッターで告発。投稿の削除後、消息が途絶えた。
 大坂なおみ選手らが安否を心配する中、中国国営メディアは18日、彭さんが告発を撤回したとする女子テニス協会(WTA)宛てのメールをツイッターに掲載。かねて懸念を示してきたWTAは偽メールと疑う一方、IOCは「無事との説明を心強く思う」と中国側に同調したという。
 HRWは、IOCの「パートナー」である中国政府が新疆ウイグル自治区などで人権を侵害していると非難した上で、北京冬季五輪について「国内外で政府と共産党の地位を向上させる地政学的イベント」だと指摘。「選手を虐待する機会ではなく、人道を祝福する行事でなければならない」と注文を付けた。 
中国の張高麗・前筆頭副首相=2016年3月、北京(EPA時事)
中国の張高麗・前筆頭副首相=2016年3月、北京(EPA時事)