2021-11-05 16:39

米国務省、北京五輪で自由な報道要求=「記者の移動制限撤廃を」

米国務省のプライス報道官=8月、ワシントン(AFP時事)
米国務省のプライス報道官=8月、ワシントン(AFP時事)
 【ワシントン・ロイター時事】プライス米国務省報道官は4日の記者会見で、来年2月開幕の北京冬季五輪・パラリンピックについて「記者の移動と接触の自由を制限せず、安全と自由な報道を保障するように中国当局に促す」と表明した。
 北京五輪では参加者全員が新型コロナウイルスの検査を毎日受けるよう義務付けられ、外国の報道関係者は大会会場がある北京などの「閉鎖区域」内だけに移動が制限される。 
 北京五輪取材をめぐっては、北京の中国外国人記者クラブ(FCCC)が今週、五輪主催者に対し、透明性の欠如を懸念する声明を発表。海外メディアによる五輪関連の取材は「継続的な妨害」を受けており、国際オリンピック委員会(IOC)の規則などに違反していると主張した。