ニュース

一覧へ

TOPICS

「限界」「夜眠れない」=停電4日目、住民いら立ち−復旧進まず・千葉

2019-09-12 19:28

ブルーシートや非常食を受け取る女性=12日午後、千葉県南房総市役所

「限界だ」「夜暑くて眠れない」。台風15号の被害を受けた千葉県は、12日も広範囲で停電が続いた。停電は発生から4日目。一部地域では復旧が進まず、住民からはいら立つ声も上がった。
午後6時時点で約2万戸が停電している南房総市の市役所には、飲料水や非常食、ブルーシートを受け取るため、近隣住民らがひっきりなしに訪れた。同市富浦町丹生の50代の自営業女性は、「特にこの地域は(復旧が)遅れているのではないか」と不満を漏らしながらも、「皆同じ状況だからしょうがない」とあきらめ顔。役所ではブルーシートを世帯ごとに一つ配っているが、「足りない」とため息をついた。
同町原岡の女性(70)は、疲れ果てた表情で「夜暑くて眠れず、頭が痛い。限界だ」と訴えた。
一部地域で停電が続く市原市。携帯電話やスマートフォンの充電サービスを利用するため、市役所を訪れた同市皆吉の伊藤よし子さん(69)は、「こんなに長引くとは思っていなかった」と困惑した様子。100歳となる母親と同居しているが、「停電でデイサービスも使えなくなった」と顔を曇らせた。
停電が続いた市原市役所三和支所は午後3時半ごろ、電気が復旧。5歳の娘と給水に訪れていた40代の女性介護支援専門員は「やっとだ。子供の体調が一番心配」と話した。

その他

TOPICS一覧へ

写真特集

大坂なおみ

ハンサムな顔

羽生結弦

ジュエリードレッサー


写真特集一覧へ