ニュース

一覧へ

TOPICS

ヤフー、ZOZO買収へ=最大4000億円、ネット通販強化−前沢氏が孫氏に打診

2019-09-12 21:19

記者会見で写真に納まる(左から)ヤフーの川辺健太郎社長、ZOZOの沢田宏太郎社長兼CEO、創業者の前沢友作氏=12日午後、東京都目黒区
肩を組むZOZO創業者の前沢友作氏(右)とソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=12日午後、東京都目黒区


ソフトバンクグループ傘下のヤフーは12日、衣料通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZO(ゾゾ)を買収すると発表した。10月上旬にもTOB(株式公開買い付け)を開始。ZOZO株式の50.1%を上限に取得し、子会社化を目指す。買収額は最大4000億円の見通し。ゾゾタウンの顧客基盤を取り込み、インターネット通販大手の米アマゾン・ドット・コムや楽天に対抗する。
創業者の前沢友作社長は12日に辞任し、経営から退いた。前沢氏はZOZO株式の約37%を保有しており、うち約30%をTOBに応じ売却し、約2400億円を手にする。ZOZOはTOB後も上場を維持する。
前沢氏はこれまで、米民間企業の月周回旅行に参加する計画を公表しており、記者会見では「宇宙に行く準備、トレーニングのため辞任を決めた」と説明した。一方で「ゼロから事業をつくり、再び挑戦したい」と述べ、新たな起業にも意欲を示した。
記者会見には前沢氏と親交がある孫正義ソフトバンクグループ会長兼社長も登壇。「(前沢氏から)新しい人生を過ごしたいということで、会社をどうするか相談を受けた」と明かした。前沢氏が孫氏に企業売却を打診した形で、これをきっかけにヤフーによる買収がまとまったという。

その他

TOPICS一覧へ

写真特集

羽生結弦

乾友紀子

ジュエリードレッサー

大坂なおみ


写真特集一覧へ