写真ニュース

一覧へ

写真 > World eye

代理人の条件に学士号、物議の「リッチ・ポール・ルール」撤回 NCAA

2019-08-14 08:40


【ロサンゼルスAFP=時事】全米大学体育協会(NCAA)は12日、学生アスリートの代理人には学士号が必要であるとする新要件を撤回した。NCAAは前週、代理人の資格条件に学士号を加えたことで大きな物議を醸し、批判を浴びていた。≪写真はNBAオールスター2019前夜のディナーでポーズをとる(左から≫アンソニー・デイビス、レブロン・ジェームズ、代理人のリッチ・ポール氏、ベン・シモンズ、マイルズ・ブリッジズ)
米プロバスケットボール(NBA)を代表するスーパースター、レブロン・ジェームズの代理人を務めるリッチ・ポール氏が学士号を取得していないことから、問題の要件は即座に「リッチ・ポール・ルール」と呼ばれるようになった。
大手エージェント会社のクラッチ・スポーツ・グループの創設者であるポール氏は、他にもアンソニー・デイビス、ベン・シモンズ、ドレイモンド・グリーンら大物選手を顧客としている。
同日改正された要件では、NCAAが認定する代理人は「学士号を取得しているか、現時点で選手協会(NBPA)の認定を受け、NBPAと良好な関係にある者」と記載された。
NCAAが示した代理人に関するガイドラインは、NBAドラフトを目指す学生アスリートが大学資格を失わずにプロの代理人を探せるようにすることを目的としていた。これまで代理人を雇った選手は大学資格を失うことになっていたが、大学バスケットの第三者員会は昨年、学生アスリートの代理人雇用を認めるように勧告していた。【翻訳編集AFPBBNews】

その他 world eye写真

world eye一覧へ