2019.12.22 スポーツ

【男子フィギュア】宇野昌磨 (91/356)

表彰式で金メダルを掲げる宇野昌磨(中央)ら=2018年10月27日、カナダ・ラバル【EPA時事】 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは27日、カナダのラバルで行われ、男子で平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリーでトップの188.38点をマークし、合計277.25点でショートプログラム(SP)2位からの逆転で連覇を果たした。