2019.12.22 スポーツ

【男子フィギュア】宇野昌磨 (291/356)

スケートアメリカで優勝を果たし、メダルを掲げる宇野昌磨(中央)=米シカゴ【時事通信社】 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカ最終日は23日、シカゴで行われ、男子ショートプログラム(SP)1位の宇野昌磨(中京大)がフリーも190.19点でトップとなり、合計で自己ベストの279.34点をマークして優勝した。 宇野はテロの影響でフリーが中止となり、SPの順位のみで優勝が決まった昨季のフランス杯に続いてGP2勝目。SP3位のジェーソン・ブラウン(米国)が合計268.38点で2位だった。