2019.12.22 スポーツ

【男子フィギュア】宇野昌磨 (130/356)

平昌五輪男子SPの演技を終え、笑顔を見せる宇野昌磨=2018年2月16日、韓国・江陵【AFP=時事】 平昌五輪フィギュアスケートは16日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、男子で66年ぶりの五輪連覇を狙う羽生結弦(ANA)が111.68点をマークして首位に立った。ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が107.58点で2位。宇野昌磨(トヨタ自動車)は104.17点で3位につけた。