2019.12.22 スポーツ

【男子フィギュア】宇野昌磨 (5/356)

演技後にコーチに向かって笑顔を見せる宇野昌磨=2020年2月22日【時事通信社】 フィギュアスケートのチャレンジ・カップは22日、オランダのハーグで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨がトップの198・70点を挙げ、合計290.41点で優勝した。昨年の全日本選手権で4連覇した宇野は3種類の4回転ジャンプを跳んだ。トーループは回転不足となったものの全体をまとめ、3月の世界選手権(カナダ・モントリオール)へ弾みをつけた。