2020.01.24 スポーツ

【スキージャンプ】高梨沙羅〔北京五輪〕 (367/368)

スキー女子ジャンプの高梨沙羅(たかなし・さら=北海道・上川中)選手は1996年10月9日、北海道上川町生まれ。2011年1月10日のHBCカップで、大倉山ジャンプ競技場(札幌)での女子最長記録となる141メートルを飛ぶなど、期待の若手だ。14年のソチ冬季五輪で女子ジャンプが採用されれば、有力なメダル候補になると目されている。 記者会見に臨んだノルディックスキー、ジャンプの日本女子有力選手。右から渡瀬あゆみ(神戸クリニック)、伊藤有希(北海道・下川商高)、高梨沙羅(北海道・上川中)、渡瀬弥太郎コーチ。ジャンプ女子は14年ソチ冬季五輪の新種目候補となっており、来季からはワールドカップ(W杯)が始まる(東京都渋谷区の岸記念体育会館)(2010年11月29日) 【時事通信社】