2020.01.24 スポーツ

【スキージャンプ】高梨沙羅〔北京五輪〕 (330/368)

2012年11月24日、ノルウェーのリレハンメルで開催されたノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ個人第1戦ノーマルヒル(HS100メートル、K点90メートル)で、高梨沙羅が、1回目に96メートル、2回目は98メートルをマーク、合計265.2点で優勝した。W杯は通算2勝目となる。写真は、表彰台で喜ぶ高梨(中央)(0000年00月0日) 【AFP=時事】