2020.01.24 スポーツ

【スキージャンプ】高梨沙羅〔北京五輪〕 (282/368)

ジャンプ女子のワールドカップ(W杯)で初の総合優勝を果たした16歳の高梨沙羅(グレースマウンテン・インターナショナル)が2013年3月17日、最終戦終了後の表彰式で、女王に贈られるクリスタルトロフィーを手にした。 高梨は「去年、ここでヘンドリクソン選手(米国)がもらっているのを見て欲しいと思った。それを目標に頑張ってきた」と感慨深そうにトロフィーを掲げ、「すごく重たかった」と笑顔を見せた。 「いろいろなことがあったけど、充実した一年だった。反省も多いけど、得た物も多かった」と長丁場のシーズンを振り返った。 写真は、トロフィーを手に笑顔の高梨(オスロ) 【EPA=時事】