2020.01.24 スポーツ

【スキージャンプ】高梨沙羅〔北京五輪〕 (239/368)

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は2014年1月11日、札幌市宮の森ジャンプ競技場で個人第6戦(HS100メートル、K点90メートル)が行われ、ソチ五輪で金メダルを狙う高梨沙羅(クラレ)が1回目に最長不倒の99メートル、2回目に94.5メートルを飛び、254.5点で今季5勝目、通算単独最多の14勝目を挙げた。昨季総合優勝の高梨は、今季開幕から4連勝してサラ・ヘンドリクソン(米国)の歴代最多勝に並んでいた。第5戦は3位だったが、地元で力を発揮して快勝した。 写真は、高梨の1回目の飛躍 【時事通信社】