2020.01.24 スポーツ

【スキージャンプ】高梨沙羅〔北京五輪〕 (230/368)

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は2014年1月19日、山形市の蔵王ジャンプ台(HS100メートル、K点90メートル)で個人第9戦が行われ、ソチ五輪で金メダルを狙う17歳の高梨沙羅(クラレ)が1回目に最長不倒の98メートルを飛び、127.5点で優勝した。高梨は今季8勝目でW杯通算17勝とし、ジャンプの日本選手では男子で16勝の葛西紀明(土屋ホーム)を抜いて最多となった。 写真は、通算17勝目を挙げ、笑顔を見せる高梨 【時事通信社】