2020.01.24 スポーツ

【スキージャンプ】高梨沙羅〔北京五輪〕 (225/368)

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)女子は2014年2月2日、オーストリアのヒンツェンバッハで個人第13戦(HS94メートル、K点85メートル)が行われ、1回目88.5メートルで2位につけた高梨沙羅(クラレ)が2回目に最長不倒となる92.5メートルを飛び、245.2点で逆転優勝、今季10勝目、通算19勝目を挙げた。W杯でシーズン10勝はこの種目単独最多、通算19勝はスキー全種目を通じて荻原健司(ノルディック複合)と並ぶ日本人最多となった。 写真は、優勝した高梨の飛躍 【EPA=時事】