2020.01.24 スポーツ

【スキージャンプ】高梨沙羅〔北京五輪〕 (193/368)

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は8日、ルーマニアのルシュノフで個人第10戦(HS100メートル、K点90メートル)が行われ、1回目に95メートルを飛んだ高梨沙羅(クラレ)が121.4点で優勝し、W杯今季3勝目、通算27勝目を挙げた。高梨のW杯勝利は、1月11日の札幌での第3戦以来、7戦ぶり。強風のため2回目は実施されず、1回目の成績で順位が決まった。 写真は、7戦ぶりに優勝し、表彰式後に笑顔で記念撮影に応じる高梨沙羅(2015年02月08日) 【時事通信社】