2019.11.18 スポーツ

【大相撲】珍しい決まり手 (63/120)

反則 大相撲初場所14日目・宝富士(右)は豪栄道の反則で勝利し、8勝目を挙げる=2016年1月23日、東京・両国国技館【時事通信社】 宝富士が際どく星を拾った。はたかれて倒れたが、師匠でもある土俵下の伊勢ケ浜審判長(元横綱旭富士)から物言いがついて審判が協議。豪栄道にまげをつかむ反則があった、と判定された。本人の感触は「あるような、ないような」と微妙なものだった。勝ち越しが決まり、来場所での三役復帰も見えてきた。この日、負け越した小結栃ノ心を破ったのは安美錦。空席をつくってくれた兄弟子に、「安美関ありがとう」と感謝していた。