2019.11.18 スポーツ

【大相撲】珍しい決まり手 (40/120)

小手ひねり 大相撲春場所8日目・稀勢の里(右)は松鳳山を小手ひねりで下す=エディオンアリーナ大阪【時事通信社】 稀勢の里は今場所初めてばたついた。それでも何とかしのぎ、新横綱の場所で無傷の8連勝。「これはこれで」。白星という結果に安堵(あんど)感を漂わせながら、自分を納得させた。 松鳳山のもろ手突きにのけぞり、もろ差しを許すと、ずるずると後退。それでも「いろんなことがあるから。我慢して」。何とか体勢を立て直そうと左から小手に振り、右からは押しつぶすように突きを見舞いながら、さらに左からひねった。(2017年03月19日)