2019.11.18 スポーツ

【大相撲】珍しい決まり手 (24/120)

すそ払い 大相撲夏場所7日目・照強(奥)は炎鵬をすそ払いで破る=2019年5月18日、東京・両国国技館【時事通信社】 幕内で3番目に軽い116キロの照強が、最軽量99キロの炎鵬との小兵対決を制した。潜ってきた炎鵬を右上手を引いてつかまえると、投げで振り回し、右からのすそ払いであおむけに倒した。「自分から先に動こうとした。きれいに食ったな」と自賛した。 炎鵬は連日、大きな相手に奮闘していただけに勝手が違ったよう。2敗目を喫し、「感覚のずれがあった。中途半端。いろんなパターンを考えてしまった」と悔やんだ。