2019.10.17 スポーツ

【野球】「令和の怪物」佐々木朗希 (24/38)

高校野球岩手大会準々決勝で久慈に勝利し、喜びを爆発させる大船渡の佐々木朗希投手=2019年7月22日【時事通信社】 第101回全国高校野球選手権岩手大会で22日、ドラフト1位候補の佐々木朗希投手を擁する大船渡が県営野球場で行われた準々決勝で久慈を延長十一回の末に6−4で破り、準決勝に進んだ。前日に194球を投げた佐々木は出場せず、ベンチでチームを鼓舞した。 佐々木は「仲間を信じて声援を送った。勝ちにつなげてくれたので、すごく頼もしかった」と喜んだ。先発の大和田健人投手が7回4失点と踏ん張り、八回から登板した和田吟太投手は十回にサヨナラのピンチを切り抜けるなど好救援。十一回に2点を勝ち越した。