2020.01.06 スポーツ

【女子ゴルフ】渋野日向子 (32/97)

後半の2番で2オンを逃し、悔しがる渋野日向子。後方は(左から)今平周吾、石川遼、石川のキャディーを務めた永井花奈=2019年12月15日、千葉・グリッサンドGC【時事通信社】 プロゴルフの男子、同シニア、女子の各ツアーによる団体対抗戦、日立3ツアーズ選手権は15日、千葉・グリッサンドGCで行われ、女子が計12点で4年ぶり5度目の優勝を果たし、賞金3000万円を獲得した。2位はシニア、3位は男子。MVPには小祝さくらが選ばれた。 各ツアーから賞金上位など6人ずつが出場し、前後半とも同じ9ホールを使ってペアでプレー。女子はベストボール方式の前半を首位で折り返し、一つのボールを交互に打った後半は小祝、上田桃子組の活躍などで差を広げた。