2019.11.06 スポーツ

【フィギュアスケート】浅田真央 (32/229)

取材に応じる元フィギュアスケート女子の浅田真央さん=2018年3月1日、新潟市中央区【時事通信社】 フィギュアスケートの元世界女王、浅田真央さん(27)が1日、平昌五輪で男子66年ぶりの連覇を遂げた羽生結弦選手(ANA)について「たくさんの方の期待に応えるような演技、そして結果を出すところはさすがだなと思った」と語った。 浅田さんは、5月からのアイスショーに向けた練習後、新潟市内で取材に応じ、「けがをして大丈夫かなと思ったが、平昌に入ったときには準備ができているのかなと思っていた」とも話した。 練習したリンクでは、ロシアから個人資格で平昌五輪に参加し、金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ選手らが事前合宿をしていた。浅田さんは「今の時代のレベルはすごく高い。特にロシアが強く、彼女たちが世界の女子を引っ張っているんだなと感じた」と感想を述べた。