2020.11.11 スポーツ

【競馬】最強の牝馬 (44/71)

ウオッカ 日本中央競馬会(JRA)最多タイのG?7勝を挙げた名牝。2006年の阪神ジュベナイルフィリーズでG?初優勝し、07年日本ダービー、08年には安田記念、秋の天皇賞を制覇。09年は安田記念で連覇を達成し、ジャパンカップを日本の牝馬として初制覇した。戦績は26戦10勝(重賞8勝)、獲得賞金はJRA史上3位、牝馬としては最高の13億3356万5800円に達した。 写真は、2009年のジャパンカップで日本牝馬として初優勝したウオッカ(手前)。2010年3月4日、ドバイでの出走を最後に引退することとなった(09年11月29日撮影、東京競馬場)(2009年11月29日) 【時事通信社】