2019.12.22 スポーツ

【男子フィギュア】羽生結弦<2015〜> (412/479)

フィギュアスケート世界選手権は30日、米マサチューセッツ州ボストンで男子ショートプログラム(SP)が行われ、羽生結弦(ANA)が自身の歴代世界最高点に0.39点と迫る110.56点で首位に立った。「曲を大事にしながら、気持ち良く滑れた」という充実した演技を披露し、2季ぶりの優勝、日本男子初となる2度目の世界王座へ好発進した。写真は、SPの演技をする羽生(2016年03月30日) 【時事通信社】