2021.12.22 スポーツ

【女子カーリング】日本〔北京五輪〕 (123/389)

平昌五輪カーリング女子で銅メダルを獲得し、祝賀パレードで手を振る吉田知那美(左端)、本橋麻里(中央)らLS北見の選手=2018年3月21日、北海道北見市【時事通信社】 平昌五輪のカーリング女子で銅メダルを獲得したLS北見の祝賀パレードが21日、出身地で練習拠点の北海道北見市で行われた。600メートルの沿道に約1万2000人が詰めかけ、トラックに乗ったメンバーらが笑顔で手を振り歓声に応えた。 司会者の「スタートしますよ?」の問い掛けに、観衆が「そだねー」と五輪で話題を呼んだ言葉で応じてパレードが始まった。「ありがとう」「おめでとう」と祝福の言葉が飛び交い、主将の本橋麻里は「改めてカーリングっていいなと思った。応援してくれる北見市の皆さんに心から感謝したい」と感激の面持ち。 パレード後には報告会が行われ、辻直孝市長からメンバーに市民特別栄誉賞が授与された。スキップの藤沢五月は「もっとカーリングを身近にしていけるように、私たちが世界で戦えるトップ選手になっていかないといけない」と決意を新たにしていた。