日本の夕日 (23/24)

散居村(さんきょそん)と呼ばれる伝統的な集落形態が残る砺波平野(富山県)に沈む夕日。米作りが盛んな同平野には、屋敷林に囲まれて点在する農家が約1万戸あり「日本の原風景」とも称される。2014年05月06日【時事通信社】