秋篠宮眞子さま (18/98)

ブータン訪問を終え、パロ国際空港を出発される眞子さま=2017年6月7日、ブータン・パロ[代表撮影]【時事通信社】
大学時代の同級生と婚約の準備が進んでいる秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま(25)は7日午前、ブータン公式訪問を終え、パロ国際空港から民間機で帰国の途に就かれた。
眞子さまは5月31日に日本を出発し、6月1日からブータンを訪問。2日に同国の歓迎行事に出席し、ワンチュク国王夫妻を表敬したほか、4日には同国政府から招待されていた「ブータン花の博覧会」のオープニングセレモニーに出席した。
滞在中には、標高約3100メートルにある信仰の地「タクツァン寺院」や、同国の伝統弓技などを視察。「ブータン農業の父」とされる日本人農業専門家、故西岡京治氏の功績を顕彰する仏塔も訪れた。