2019.05.16 スポーツ

本田真凜 (37/40)

中国杯の女子フリーで演技する本田真凜=2017年11月4日、北京【時事通信社】
フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯最終日は4日、北京で女子フリーが行われ、本田真凜は合計198.32点でショートプログラム(SP)から順位を一つ上げて5位だった。
樋口新葉は141.99点でSPに続いて2位となり、合計212.52点でGP自己最高位の2位となった。SP7位の三原舞依は139.17点でフリーは3位となり、合計206.07点で4位。アリーナ・ザギトワ(ロシア)が合計213.88点としてSP4位から逆転し、シニアGPデビュー戦で初優勝を果たした。