北極圏のオーロラ (84/114)

北極圏に位置する米アラスカ州ブルックス山脈の標高1310m地点で観測されたオーロラをカメラマンの堀田東氏が撮影。
前日の日没直後に発生したオーロラは、日付が変わるとともに勢いを増し、やがて全天に広がり、午前2時半ごろにはかさ状になって地上を照らした(2013年04月04日) 【時事通信社】