北極圏のオーロラ (83/114)

北極圏に位置する米アラスカ州ブルックス山脈で、4月7日の未明に再びオーロラ爆発が観測された(カメラマンの堀田東氏が撮影)。
3月16日に観測された全天規模の爆発より小さく、東の空の一部で観測されただけだが、爆発の瞬間、地上は明るい光に覆われた(2013年04月07日) 【時事通信社】