北極圏のオーロラ (63/114)

米アラスカ州ブルックス山脈で、2014年3月31日に観測されたオーロラ。日没前から現れたオーロラは、放つ光の色を変えながら、明け方まで地平線上をただよい続けた。カメラマンの堀田東氏が撮影(2014年03月31日) 【時事通信社】