北極圏のオーロラ (23/114)

森林限界を超える米アラスカ州ブルックス山脈を流れるアティガン川で、冬の間、川面に降り積もっていた深い雪が気温の上昇により溶け落ち、裂けた氷に水分をおびたコバルトブルーの川面が久しぶりに顔を出した。オーロラに照らされる北緯68度の北極圏でも春の訪れを感じる一幕をみせた。午前3時13分、カメラマンの堀田東氏が撮影(2016年03月23日) 【時事通信社】