北極圏のオーロラ (20/114)

上空の雲が薄くなり始めた午前1時過ぎにオーロラが発生。大きな帯は天頂に昇りつめ、大きく踊りつづけた。午前1時21分、カメラマンの堀田東氏が撮影(米アラスカ州ワイズマン)(2016年03月27日) 【時事通信社】