特集


八村は「必要不可欠」=ラマス監督が招集明言―バスケット日本代表

2019-07-18 14:20

バスケットボール男子日本代表のフリオ・ラマス監督は18日、米プロ協会(NBA)のウィザーズにドラフト1巡目指名を受けた八村塁をワールドカップ(W杯)中国大会(8月31日開幕)に招集する方針を示した。東京都内で取材に応じ、「必要不可欠な選手。代表での責任も重くなるが、サポートしていきたい」と述べた。
W杯に向けた日本代表候補は20日に東京都内で合宿に入る。NBAのルールで所属選手がW杯期間以外に代表として活動できるのは28日間と定められており、八村の合流は8月になる見込み。
日本はW杯の1次リーグで米国、トルコ、チェコと対戦。先立って8月にはさいたまスーパーアリーナを主会場にアルゼンチンなどと強化試合4戦が組まれており、八村が出場する可能性がある。
[時事通信社]

その他 特集記事