特集


ゴンザガ大の八村、「しっかり味わいたい」=NBAドラフト前日会見

2019-06-20 08:55

【ニューヨーク時事】米プロバスケットボール協会(NBA)のドラフト会議を翌日に控えた19日、ゴンザガ大の八村塁(21)が、他の候補選手らとともにニューヨークのホテルで記者会見に臨み、「楽しんで、そういうモーメント(瞬間)をしっかり味わいたい」と心境を述べた。日本選手として初めて1巡目指名を受けることが有力となっている。
八村は、宮城・明成高から、ゴンザガ大に進学し、「NBAでプレーしたいという目標でずっとやってきた」。バスケットボールを始めたのは、中学入学後。当時、指導を受けたコーチに「おまえはNBAに行くんだ」と言われ、世界最高峰の舞台を意識してきたという。
[時事通信社]

その他 特集記事