特集


長期金利、下げ鮮明=2年11カ月ぶり低水準

2019-06-21 17:51

世界的な金融緩和期待を背景に、長期金利の低下が鮮明となっている。21日の東京債券市場では、長期金利の指標となる10年物国債の流通利回りが一時、前日に比べ0.025%低いマイナス0.195%に低下(債券価格は上昇)した。これは2016年7月以来2年11カ月ぶりの低水準。
[時事通信社]

その他 特集記事