特集


中国主席、20日に初訪朝=G20前に対米けん制か

2019-06-17 22:36

【北京時事】中国共産党中央対外連絡部(中連部)は17日、習近平総書記(国家主席)が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の招請に応じ、20〜21日の日程で北朝鮮を公式訪問すると発表した。北朝鮮国営の朝鮮中央通信も伝えた。習氏の訪朝は2013年の国家主席就任後初めて。中国主席の訪朝は05年10月の胡錦濤氏以来14年ぶりとなる。
金委員長は18年3月から4回にわたり習氏との会談のために訪中しており、中朝国交樹立70年に当たる今年は習氏の訪朝時期が焦点となっていた。習氏には大阪で今月末に開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議を前に中朝の蜜月を誇示し、トランプ米政権をけん制する狙いがあるとみられる。
北朝鮮側には米朝の非核化交渉が停滞する中で、「後ろ盾」の中国との連携をアピールすることで、米国に対抗する思惑がありそうだ。
[時事通信社]

その他 特集記事