特集


上司出発、数秒後に切り付け=バイク乗車、待ち伏せか―交番襲撃1週間・大阪府警

2019-06-23 14:32

大阪府吹田市の交番が襲撃され拳銃が奪われた事件で、包丁で刺された男性巡査(26)は虚偽の110番を受けて上司2人が先に出発した数秒後、バイクに乗車したまま切り付けられたとみられることが23日、捜査関係者への取材で分かった。
事件は同日で1週間。府警吹田署捜査本部は、飯森裕次郎容疑者(33)=強盗殺人未遂容疑で逮捕=が付近で待ち伏せしていた可能性があるとみて、事件前後の足取りを調べている。
[時事通信社]

その他 特集記事