特集


G20警備、3万人態勢=大阪府警本部長、交通量抑制呼び掛け

2019-06-20 17:10

国内で初の20カ国・地域(G20)首脳会議が28、29日に大阪市で開催されるのを前に、大阪府警の石田高久本部長が20日、府警本部で記者会見し、全国から特別派遣部隊を受け入れ、約3万人態勢で警備に当たると明らかにした。
G20には計37の国と機関が参加し、多数の要人が来日して市内のホテルに宿泊。会議場と行き来するため、前後4日間にわたって阪神高速道路の主要区間を封鎖する。石田本部長は「円滑な開催のため、大規模な規制が必要。府民生活の影響を最小限にするためにも交通量抑制をお願いしたい」と呼び掛けた。
[時事通信社]

その他 特集記事