特集


事件前後に同級生実家へ=SNSで接触、所在確認か―大阪交番襲撃事件で府警

2019-06-19 16:41

大阪府吹田市の交番が襲撃され拳銃が奪われた事件で、強盗殺人未遂容疑で逮捕された飯森裕次郎容疑者(33)が事件前後に、中学時代に親しかった同級生の実家周辺を複数回訪れていたとみられることが19日、捜査関係者への取材で分かった。
事件直前にはこの同級生の名で虚偽の110番をし、手薄になった交番で男性巡査(26)を襲っていた。事前にSNSを通じて同級生に接触を図っていたことから、府警吹田署捜査本部は所在を確認していた疑いもあるとみて詳しい経緯を調べている。
[時事通信社]

その他 特集記事