特集


香港デモ

香港民主派長老と面会=「逃亡犯条例」改正に懸念―ポンペオ米国務長官

2019-05-17 11:45

【ワシントン時事】ポンペオ米国務長官は16日、ワシントンで、香港の民主派長老、李柱銘(マーティン・リー)元民主党主席らと面会し、「一国二制度」の下での香港自治の現状について話し合った。国務省が発表した。米中の貿易摩擦が深刻化する中での香港民主派との面会には、中国側をけん制する狙いがあるとみられる。
[時事通信社]

その他 特集記事