特集


温暖化防止、森林整備を=G20会合で表明へ―原田環境相

2019-05-17 19:12

6月に長野県軽井沢町で開かれる20カ国・地域(G20)のエネルギー・環境関係閣僚会合で、原田義昭環境相が地球温暖化対策の一環として、森林整備の促進を呼び掛けることが17日、関係者の話で分かった。温室効果ガスを吸収する森林の役割を重視。建築物への木材活用などによる林業活性化を通じ、持続可能な資源循環の必要性もアピールするとみられる。
今回のG20環境相会合では、廃プラスチックなど深刻化する海洋ごみ問題の他、世界各地が異常気象に襲われる中、温暖化対策も主要テーマとなっている。
[時事通信社]

その他 特集記事