特集


遠藤金融庁長官が続投=「2000万円問題」局長は勇退

2019-07-01 21:20

政府が、金融庁の遠藤俊英長官(60)を続投させる方針を固めたことが1日、分かった。地域金融機関の経営問題を抱える中、一連の事情に精通している遠藤氏は外せないと判断した。老後に公的年金以外に2000万円の蓄えが必要だと指摘した金融審議会を担当する三井秀範企画市場局長(60)は定年に伴い勇退する。後任には中島淳一総括審議官(56)を充てる。
[時事通信社]

その他 特集記事